セミナー一覧

セミナー一覧

ご希望のセミナーから、詳細へお進みください。

第20回 ISO推進者フォーラム

2017/09/19 (火)
2015年版改定『運用』のカベを克服する

第1講 よく分かる! 改定後の『運用』に本当に必要なこと
    ~新規要求事項の『運用』のカベにどう対応するか~
元廣祐治ISO研究所 代表  元廣 祐治 様

第2講 「プロセスアプローチ」で仕組みを改善する
    ~「プロセス」を【目的】から考えることで仕事が変わる~
株式会社CRI中央総研 部長コンサルタント 福本 和章


2017 組織開発セミナー 中小企業の働き方改革

2017/09/22 (金)
中小企業の働き方改革
「生産性向上」のカギは「人材育成」&「組織開発」

「働き方改革」への取り組みが企業の存続を左右する時代に突入しました。
人材育成と組織活性化による生産性向上なくして「働き方改革」は成し得ません。
中小企業はどのように「働き方改革」に取り組み、実現していくべきか。制度=ハード面での改善も必要ですが、「生産性※」の向上を生み出す人材育成・組織風土改革などソフトな面での改善が欠かせません。
※実際の生産性=潜在的生産性-欠損プロセス(組織の人間的側面)に起因するロス
本セミナーは中小企業が行うべき「働き方改革」のハード面・ソフト面双方の対策を提唱すると共に、とりわけCRI中央総研が手がけた人材育成&組織開発事例をお伝えすることで、「働き方改革」の本質に迫ります。

ISO 9001 : 2015年版 内部監査員養成研修

2017/10/11 (水) ~ 2017/10/12 (木) [2日間]
<ねらいと特徴>
1. 2015年版の趣旨・狙いと、QMSの体系をしっかり理解していただきます。
2. 内部監査は『改善し合う場』として位置づけ、内部監査員養成研修ではシステムと
プロセスの改善を促進する、『有効性』に力点を置いた監査ができるようにします。

ISO 9001:2015年版移行研修

2017/10/11 (水)
【すでに内部監査員資格をお持ちの方は、こちらの受講で2015年版の監査員としてご活躍いただけます。】


<ねらいと特徴>
1.今回の改定の趣旨・狙い(2008年版からの改正点)をしっかり理解していただきます。
2.移行のためのポイントを提示します。

※すでに内部監査員資格をお持ちの方が対象の2015年版への移行研修は、2017年度で終了致します。
移行がお済みではない方はこの機会にぜひご参加ください。

第24回 ISO内部監査員大会

2017/10/19 (木)

ISO 14001 2015:内部監査員養成研修(2017年度最終)

2017/11/21 (火) ~ 2017/11/22 (水) [2日間]
<ねらいと特徴>
1.2015年版の趣旨・狙いと、EMSの体系をしっかり理解していただきます。
2.内部監査は『改善し合う場』として位置づけ、内部監査員養成研修ではシステムと
プロセスの改善を促進する、『有効性』に力点を置いた監査ができるようにします。
3.内部監査員自身が「環境側面の抽出・著しい環境側面の特定」ができるようにします。

<プログラム>
第1日目:2015年版規格学習
第2日目:監査技術学習

ISO 14001:2015年版移行研修(最終開催)

2017/11/21 (火)
▶すでに内部監査員資格をお持ちの方は、
   こちらの受講で2015年版の監査員としてご活躍いただけます。◀

<ねらいと特徴>
1.今回の改定の趣旨・狙い(2004年版からの改正点)をしっかり理解していただきます。
2.移行のためのポイントを提示します。

<プログラム>
1.2015年版改定の狙い・目的
2.2015年版は攻めのEMSに
3.2015年版規格要求事項の解説

※すでに内部監査員資格をお持ちの方の2015年版への移行研修は、当研修は最終開催となります。

ISO 9001:2015年版移行研修(最終開催)

2018/02/08 (木)
【すでに内部監査員資格をお持ちの方は、こちらの受講で2015年版の監査員としてご活躍いただけます。】


<ねらいと特徴>
1.今回の改定の趣旨・狙い(2008年版からの改正点)をしっかり理解していただきます。
2.移行のためのポイントを提示します。

※すでに内部監査員資格をお持ちの方が対象の2015年版への移行研修は、当研修が最終開催になります。

ISO 9001 : 2015年版 内部監査員養成研修(2017年度最終)

2018/02/08 (木) ~ 2018/02/09 (金) [2日間]
<ねらいと特徴>
1. 2015年版の趣旨・狙いと、QMSの体系をしっかり理解していただきます。
2. 内部監査は『改善し合う場』として位置づけ、内部監査員養成研修ではシステムと
プロセスの改善を促進する、『有効性』に力点を置いた監査ができるようにします。